2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マ.カロニ兄弟でボーラーレ!!比較

本動画が1万再生突破いたしました!!ひゃっほう!!皆さんのおかげです!!ありがとうございます!!
また、沢山の方がモーションで遊んでくださっているようでうp主嬉しいです!もう何回でも言いますよ!ありがとうございます!!扱いづらいモーションですんません!!oyz皆さんの好みに合わせて顔や腕などを調節してくださいませ。

調節ということで一つ言い忘れていたことがあります。それはこのモーションの口パクに「い」と「え」がほとんど使われていないということです。面白く見せるために他の表情を組み合わせて使ったため、「い」と「え」の使用率が下がってしまいました。なので、私が動画で使用したモデル以外にこのモーションを入れると「い」と「え」の音の部分だけ口が閉じた状態になってしまうのです。ご迷惑をおかけしたことお詫び申し上げます。気になる方はこの音に当たるフレームにお好きな表情を加えてください。




さて・・・そろそろ時効でしょうか・・・

以前コメントに「比較が見たい」とあったのですが、いいんですか?主コメにある通りだいたい合ってませんよ?w覚悟はいいですね?!



初心者クオリティであることを踏まえてご覧ください。うん。笑えばいいと思うよ。

il terzo 3 「マ.カロニ兄弟でボーラーレ!!フルver.」

自分自身も続きが見たかったので自給自足してみた。



ひげを付けてから結構すぐに続きを作り始めました。当初は完全に自分だけで楽しむために作っていて、公開しないつもりでいました。同じネタで3つ上げるのもあれだしなぁ、もしも続きが見たい系のコメントがあればUPしよう。そんな感じで。
私の残念クオリティで続きが見たい人なんているんだろうかと思っていましたが、数日後、まさかのそれっぽいコメントを発見!「マジ?マジ!?ホントにフル作っちゃうよ!?」テンション上がりました。

では、トレス中の心境など裏話的なことを書いていきます。

今回のトレスで難しいと思ったことは人間っぽい動きをどのようにして表現するかということ。人の身体は絶えず動いている。止まっているように見えても微妙に揺れていたり・・・。大きく動いている部位は動かす方向などがわかりやすくていいのですが、微妙な揺れなどはどのタイミングでどう動いているのかを見極めるのが難しい。
結局、細かい動作はできる範囲で付けそれっぽく見えるようにしたという結果に。う~ん悔しいですね。やっぱり背景にry

コメントにもちらっとありましたが、あの手拍子のところ。あれはひどいっすよねwあの部分はホントに詰むかと思いましたよwPCのスペックのせいで元動画の再生・停止が思ったようにいかず、いつ手がくっつき離れているのかが全く把握できなかったんです。仕方なく一定の間隔で手拍子をさせ難を逃れた?のですが、はい、どう見ても不自然です。ありがとうございました。

もう一か所詰みポイントがありまして、それは、最後の身体の向きを変えつつ左右に揺れるとこ。マカロニ兄弟の動きが同調するところですね。あそこもかなりの難所でした。あの部分を納得のリズムで揺らせるようになるまで3日はかかった。

細かい動きが残念なぶん、見せ場のような動きが止まる箇所は少し大げさな動きにしてみたり、表情を強調してみたりとこだわりました。一度笑ってしまえば細かい違いなんて気にならない。きっとそう。


ロマーノがワインを持っていることに気づいてくださってありがとうございました。あのワイン、実は投稿直前に持たせたんです。ワインの前は元動画様と同じく箒をもたせていました。でも、どうせ持たせるならインパクトのあるものがいいなぁ。イタリアっぽくて、それでいてネタっぽくも見える何か。もちろん持ちやすそうな形状のもので。そう考えつつ持っているアクセサリを眺めていたら、あれ?これ形的にも良くない?と。なんとなく目に付いたワインを持たせてみたらなんか大きさ的にもぴったり!持たせてるだけでいろんな状況を妄想できるんじゃないか!!で、ワインになりました。


皆さんはお気づきだろうか?short ver.とフルver.の前半部分が少し変わっていることに。といっても、地味過ぎてどうでもいいことなんですけどねw言ってしまえば、身体の動きの微調整と冒頭のイタちゃんの表情をより酷く?変更、ロマーノの目をより見開いた、などです。後、全体的にカメラに近い位置にいるように調節してます。

hikaku1

hikaku2

微妙すぎるw


このボーラーレを投稿して1カ月以上経つんですね。なんだか感慨深い。今改めて自分の動画を見直すとなんだか恥ずかしくなってくwもっとこうできたのにとか色々考えてしまって。もっとシンクロ率高いトレスができるように精進いたします、はい。

このボーラーレトレスを通して学んだことは沢山あります。下手なりに頑張ればトレスでも完成させられるということ。そして、表情を付けて行くことでこんなにもモデルが生き生きとするんだ!という表情にこだわる楽しさを教えてもらったことが一番大きいですね。これからも表情にこだわりつつ動画を作っていこう。顔芸最高!!

今後はトレスをメインに動画を作っていこうと思います。面白いモーションが配布されていたらやってしまうかもしれませんがw

il terzo 2 「マ.カロニ兄弟でボーラーレ!!おまけ」

需要があったので付けてみました。



コメントありがとうございました!
とりあえず、アクセサリをモデルにつけるにはどうすればいいの?というところから始めました。MMD講座動画を見つつ探っていきます。最初はPMDエディタを使ってみようとしたのですが上手くいかず、調べて試しているうちにMMD製作画面でアクセサリをつけられると知りました。灯台もと暗し、とはこのことです。

次はひげ探し。これがなかなか見つからないものでw意外とひげってないものなんですね。
私が使用したひげは元々PMDデータとして配信されているものでした。しかし、モデルとモデルを組み合わせて使うなんて高度なことはできません。そこで「お絵かきツール」というアクセサリ製作ツールを用いてひげをアクセサリとして使えるように変換。いい感じにそれっぽいひげができたと思っております。私のお気に入りアイテムの一つです。

そんなこんなでひげ付きボーラーレができました。主コメにも書きましたが、このひげ、「ひげ面に見えるぜー!」のひげに似てませんか?wあの辺りのロマーノの表情が大好きです。

秘密兵器用意してきた
上手く再現できないんだぜ・・・

P.S.
モーションのDLありがとうございます!!こんな出来ではありますが楽しんでいただけて嬉しいです!!

il terzo 1 「マ.カロニ兄弟でボーラーレ!!」

初めてのトレスに挑戦。試行錯誤の結果がこれだよ!!



このネタで動画を3つ上げているので、記事も分割しようと思います。

何故このネタに出会ったのか。それは、私が以前から伊兄弟がイ.タリア語を話しているのを見たいと常々思っていたのがそもそもの原因です。前回の動画を作り終えた後、紆余曲折有りましたが(後日書くかもしれません)、イ.タリア語で何か笑えるネタはないだろうかと考えていました。何かモーション配布されていないものかと。・・・はい、当然ありませんでしたw
一応、手元にはイ.タリア語のCDが何枚かあるのですが、これをどう笑いへもっていくかが思い浮かばず。いや、多少の構想はありましたが、実現するには自作モーションを作る、そもそも私にそんなセンスは無い、など多くの難題があるためとりあえず保留。

そんな中、たまたま見ていた某ランキングであの元ネタ様に出会ってしまったのです!面白い!面白すぎるwMMDってこんな表情も作れるのか!しかもこれ、サビがイ.タリア語じゃないか!!と、毎日のように繰り返し見て笑っていました。次第に伊兄弟でやったらどんな感じになるんだろうか?と妄想するようになり、モーション配布されたらやってみよう♪と思いつつ日々を過ごしていました。しかし、時が経つにつれボーラーレへの思いは増すばかり。早く伊兄弟のボーラーレが見たい!!その思いが私を動かしました。

「見たい?見たいなら自分で作るしかないだろう?」

そんなわけで、トレスへの挑戦が始まったわけです。
まず、元動画の準備ですがこの段階ですでに躓いていましたw
MMDの背景に動画を読み込むことができるというのは薄ら聞いたことがあったので早速やってみることに。
「このデータは読み込めません」
・・・え・・・?ど、どういうことなの?AVIで保存してあるよ??
機械オンチの私にはどう対処すべきなのか見当もつかなかったため、とりあえずPCのせいにして作業開始。MMD作業画面の隣に元動画を置き、ちまちま再生しつつトレスしてみることに。

*その当時の作業中PC画面を再現するとこんな感じ。
作業中

タイミングを合わせるのに(マジで)苦労しましたが、音を頼りに作っていきました。
最初に口パクを作り、その後上半身→首・頭→表情(目・まゆげ・両目の順)→腕・指、と動かしていきます。

このボーラーレモーション(short ver.)では伊兄弟がかなり前後に動いています。それは、製作時に途中からカメラを定位置からずらしてしまったことを忘れてそのまま作り続けていたのが原因です。バカですねぇほんとw終盤になってようやくずれていることに気づき、かなり焦ったあげくセンターで無理やり前に出した結果です。

基本の位置を調節するのもなかなか厄介でした。元ネタ様と違い男性キャラなので肩幅があり、画面に収まるように配置すると互いの肩が貫通してしまうのです。これはもう仕方がないとあきらめて、多少貫通したまま投稿してしまいましたがw


製作過程のようなものを上げたいのですが、このころはデータを分割して保存する大切さをまだ知らなかったため、途中のデータが少ししかありません。その中から、全く面白みのない動画ですがトレスの初期の初期、トレスのやり方をまだよくわかっていなかった時のデータがあったのでのっけてみます。しかし、首から上しか動いてない+口パク+緩急ゼロなので正直怖いかもしれません。まずいだろこれは、と思った方は言ってください。その時は動画を消します。


真顔で口パク、に耐えられなかったので目を閉じた状態で製作していました。

続く...



il secondo「ある夜のイタちゃんの様子」 

投稿作品2作目。謎めいた動きにときめきを感じました。



見たことのないマカロニ・・・そういえば酒に酔ったイタちゃんってあんまり見たことない気がするなぁ・・・。と思い、早速イタちゃんが酔うとどうなるかを想像してみました。

・より騒がしくなる。
・相手にするのもめんどうになるくらいテンションが上がる。
・変態っぽくなる。
・意味不明なことを始める。
・なんか楽しそう。

以上の事柄を総合して考えた結果、このネタで行くしかないだろう!ということで、この動画が生まれました。
私の中では、イタちゃんの印象として「かわいい」の他に「許せる変態」というイメージがあったりします。そういうこともあって動画内の彼の顔が時々変態くさくなっています。カメラワークの一部にもそのイメージが反映されている箇所があります。

カメラワークのことについてもう少し。この動画、カメラをどう動かすかについて結構困りました。表情も映したくてズームにしても、動きが激しいせいですぐに画面外へ行ってしまい結局遠いアングルから撮るしかない、という事態に。

今回使用させてもらったモーションは途中で終わっているものだったので、オチを独自に考えなければなりませんでした。
・・・これは自分でポーズなりモーションなりを作らなければ・・・。それならいっそ小芝居をいくつかはさんでみようか!

中間にはさんだ小ネタは、
ヴェ「二人とも~そんなところで何してるの?一緒に踊ろうよ!」
みたいな動きにしたかった。
このころはモーションを作るスキルなんて持ち合わせていなかったので後ろの2人に近づく描写はすべてカメラワークに託しました。瞬間移動しているイタちゃんが不自然に映らないようにカメラの切り替え効果を利用。


オチのあれは、巻き込んだくせに真っ先に寝るイタちゃんの自由な感じを表現してみたつもりです。ここの移動部分は動画編集機能を使ってカットしました。ちなみに最後のカットではロマーノがイタちゃんの背中をさすっているようなポーズにしていたのですが、角度が悪かったせいで全く見えてませんでしたねwせっかくなので別角度から撮ったものを↓
大丈夫か?


後半から祖国とロマーノも一緒に踊り出しますが、一応彼らにも表情を3パターンつけています。しかしカメラが遠すぎるせいでつぶれて見えていません。私の調節ミスですねw遺憾の意。
※表情を映すために配置・カメラ位置を変えています。
は、恥ずかしいです・・・

やけくそ

腰が・・・




実はこの動画、最初にも小芝居をつける予定でいました。そのモーション?も用意してあります。が、なんだかくだらないし全体的なテンポも悪くなってしまうかも、という理由でカットいたしました。そのくだらな過ぎる10秒いくかいかないかの動画をここにのっけてみます。
構成としては、
酔ってグダグダしているイタちゃんを祖国とロマーノが心配そうに見つめている。と、急にイタちゃんが何かを思いついたかのように走りだす。
「走る」モーションを作れなかったため、ここでもカメラワーク大先生に頼っています。



御目汚し失礼いたしました。

A presto!!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

eiennno

Author:eiennno
このようなブログにわざわざ遊びに来てくださりありがとうございます。ニコ動でヘタリア関連のMMD動画を投稿しています。ネタ重視のものがほとんど。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

カテゴリ

未分類 (1)
動画関連 (11)
お知らせ (3)
みかん箱 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。